遅まきですが今更卵かけめしにハマりました。

根っから生卵が不向きでした。その生卵をごはんに乗せ、しょうゆ程度をかけて召し上がる卵かけごはんも不向きでした。
そんな苦手な卵かけごはんにハマッたスタートは冷凍卵でした。テレビで生卵を冷凍してから解凍して、ごはんに乗せるといった黄身がずいぶんいえないもっちりな歯ごたえでおいしいといった絶賛されていたのを、わずか興味を持ち、試しに冷蔵庫にあった卵一つを冷凍庫に移動して最初夜置きました。
明日冷凍庫の卵を見てみると裂けめが入ってカチコチになった冷凍卵ができていました。今度はこういう冷凍卵をお皿に乗せて常温で溶解しました。白身は液体に戻りましたが、黄身は半固体のようで箸でつついても砕けることはなく、半ばに切ってみても黄身が染み渡ることはありませんでした。
溶解した冷凍卵をごはんに乗せてしょうゆをかけて食べてみたら確かに初めての歯ごたえでした。茹で卵の半熟のようで黄身を一層濃くしたような気配でした。けれども生卵という苦手な感じは無くおいしくて食べてしまいました。
次回ついまた冷凍卵を食べたくなったので卵を冷凍させて常温で解凍してごはんに乗せて・・・というのを何回か繰り返していたら冷凍といった溶解をするのが苦痛になって、生卵をごはんに乗せて食べてみたらこれもおいしかったのでそれ以来卵かけごはんにハマってしまいました。ミュゼ 背中 脱毛