誉めるといった生じるの定石に限界を感じる今どき

どちらかと言うと手厳しく怒鳴られ、はったおされながら育ったあたしにとりまして誉めて引き伸ばすというレクチャーに初心から反対があったのかもしれません。

それはわが子に対してもそうですし、店未満の人間開発にも当てはまります。

お子さんが一所懸命描いた絵を『酷い得手!ファッショナブルね!』といった称えるのですが、事後が途切れるんですね。
店の後輩にも『よし!やったじゃん!出かした!』って激しいやる気で称えるのですが、そこまでなんですよ???。

普通、自分の観点なんですが、ボキャブラリーが足りないというか、いざというときに客が『ありがとう!後者も頑張ります!』と心中みたいな力を引き出せるワンポイントが出ないんですよね。今の最大の苦悩でして、こちら磨きに余念がありません。

己啓発ニュースを読んだり、ネットで調べたりと努力するのですが、実に思うようにいきません。客が個人なのでこうあるべきという型があるわけではないと思いますが、返信探しにやきもきしていらっしゃる。

客を思いやり大事にする癇が育てて引き伸ばすアプローチなんでしょうね。http://www.feedback-bg.org/