自分にとって、市場をより広げてもらえるのは電子小説ではなく用紙の媒体

個々人は昔から書籍が好きで、学生の時は思い切り書屋に行き、また各週のように本屋へといった足を運んでいました。
そういう学生時代を終え、大人となったあとは書籍をよむ機会がすこぶる減ってしまったのですが、いま更にぐっすりよむようになってきました。
時間がある時折本屋へという赴き、面白そうな書籍はないかめぐり、気になったものがあれば立ち止まり、履歴を覗いてみます。

しばしばそういったことをしているのですが、いま気づいたことがありました。
それは、個々人は電子図書よりもペーパーの書籍がフェチです、ということです。

確かに電子図書は便利で、読もうって思えばどこでも読めますし、嵩張ることもないだ。
但し本屋で、多くの様々な書籍を物色しながら気になるものを捜し出すあの時刻、それは電子図書では味わえないものです。
それに貰うときも、履歴をじっくり確認してから貰うかどうか設ける、といったことも出来ません。

書籍の肩書き、製図やそこに使われているカラー、厚さ、そういったものを視覚で認識して、気になった物を取って見る。
そうして気になる履歴を覗いてみると、今まで自分が気付かなかったことや楽しいことが書かれていたり講じる。こうして特に愛するタイプ、ひたすら読みたいといった思ったらそれを購入する。
やっぱこれはペーパーの書籍だからこそ望める楽しみだと思うんです。

掴むだけで終わらない、それを購入するまでの一連の時刻、それを含めたものがペーパーの書籍のやりがいなんじゃないでしょうか?ヒゲ脱毛 女